交通事故・労災

交通事故による治療について

交通事故にあったら、まずは整形外科へ
交通事故にあった方は初めてのことで、つらい痛みと合わせて、不安を感じていると思います。
当院では交通事故で怪我をされた方、むち打ちで悩まされてる方の治療や、リハビリテーションに力を入れた医療を提供しております。
交通事故

交通事故治療の実績多数

交通事故に初めて遭われた場合、警察や保険会社との対応をどうしたらよいか、きちんと治療してもらえるのか、不安になったり、ストレスに感じると思います。当院では交通事故の患者様を多数診察しているので、警察や保険会社との対応にも慣れており、アドバイスすることもできます。ストレスなく、治療に専念していただけるよう心がけておりますので、わからないことはお気軽にご相談下さい。

交通事故の場合、自賠責保険が適用されると自己負担金はありません

交通事故の場合、自賠責保険を利用して自己負担金無しで治療を受けることができます。
通院にかかる交通費や休業補償などの保証をされます。保険会社へ「まつもと整形外科」を受診することをお伝えください。当院から保険会社へ請求を行うために、ご本人負担はありません。後遺症を残さないで社会復帰することが重要です。

整形外科と整骨院の併用通院は可能です

整形外科と整骨院の併用通院は可能です。また、整骨院に通院中で、画像検査が必要な方は当院で撮影することができます。
診断書は整骨院では書くことができません。診断書が必要になるのであれば、整形外科を1度受診することをお勧めします。後々、自賠責保険終了後に後遺症診断書が必要になる可能性がある方は、定期的な診察がないと経過がわからないために後遺症診断書を記載ができません。当院と整骨院を併用通院する場合、整骨院へ通院中であっても当院へ定期的な通院(週1回以上)が必要になります。

症状が軽くても早めの受診が大切です

・事故直後は症状が軽かったとしても早めに診察することが大切です。
・数日後に症状が出てくることが多く、診察が遅れると症状と事故との因果関係を証明できなくなることがあります。
・放置すると痛みや後遺症が残りやすくなり、2次的障害(むち打ち・腰痛)へと発展する恐れがあります。
・早めに治療することが早期回復につながりますので、整形外科専門医の診察を受けて、後遺症が残らないようにリハビリをおこなうことをおすすめします。

交通事故で以下のことをお悩みでしたら、一度ご相談ください

□整形外科でしっかりリハビリを受けたい
□レントゲンで異常が無いと言われたけど、痛みが続いている
□病院を受診したが湿布や薬だけで治るか不安がある
□しっかり相談でき、きちんと治療して、安心できる整形外科で診てもらいたい
□後遺症診断をしっかり書いてほしい

交通事故で多い症状

・むち打ち(専門用語では頸椎捻挫、外傷性頸部症候群)
・首から肩に広がる痛み
・手足の痺れ
・頭痛、吐き気、めまい
・気分不良、睡眠障害、イライラする、神経質になる

事故後の首の痛み(むちうち)は初期にしっかり治すことが大切です

交通事故直後や当日は症状がほとんどなくても事故数日後に首の痛みが悪化することがあります。自律神経の乱れもあり、頭痛や吐き気も悪化してくることがあります。放置すると悪化していくために、初期治療が重要となります。

むちうち(頚椎捻挫、外傷性頚部症候群)

むちうちは医学用語ではなく、事故の際に首がむちを打ったようにしなることが語源のようです。
むちうちは医学用語では頚椎捻挫、外傷性頚部症候群のことで、交通事故後に首の痛みや違和感が生じます。レントゲンで異常がなくても、筋肉や筋膜、関節がダメージを受けいるために症状が出てきます。
外用薬(湿布)や消炎鎮痛薬(NSAIDS)を使用しながら、物理療法(電気治療、温熱療法)やリハビリを併用し、筋肉のリラクゼーションを行うことで症状緩和を図ります。

自律神経失調症、バレ・リュー症候群

首が痛くなると、頭痛や肩の痛み、腕の痛みまで出てくることがあります。
さらにひどくなると、外傷をきっかけとした交感神経の異常が起きて、自律神経の障害が出て、自律神経失調症と陥ります。自律神経失調症の症状として頭痛、吐き気、耳鳴り、顔面や後頭部の異常感覚、首の違和感、喉の違和感などを認めます。交通事故を契機として、自律神経失調症を来してこのような症状を認める場合、バレ・リュー症候群と呼ばれています。
バレ・リュー症候群では、鎮痛薬のみでは改善がなかなか見込めません。当院ではリハビリに加え、鎮痛薬や漢方薬を調整しながら症状の緩和を図っております。また、首にスーパーレーザーを当て、レーザーによる星状神経節ブロックを行うことでさらに効果が高まります。

交通事故治療での当院のポイント

・問診や触診と合わせて、画像(レントゲン、エコー)での精密検査を行います。
・患者様の声に耳を傾け、希望する検査や治療にはできるだけ対応していきます。
・リハビリ専門家の理学療法士がリハビリを担当し、後遺症が残らないように親身になって丁寧にしっかり取り組みます。
・理学療法士によるリハビリと物理療法(電気治療、温熱治療、超音波治療、牽引療法)を一緒に行うことができます。
・患者様が治療に専念できるよう、しっかりと診断書を作成し、サポートしていきます。
・後遺症診断書は自覚症状や検査結果などしっかりと丁寧に記載するように配慮しております。また、保険会社との面談まで責任をもって対応します。
・交通事故を専門としている弁護士事務所の無料相談会を行っております。また、ご希望の方には交通事故を専門としている弁護士をご紹介いたします。

交通事故の治療費

交通事故の場合、自賠責保険を利用して、自己負担金無しで治療を受けることができます。受診前に患者様ご自身で保険会社へ「まつもと整形外科」を受診することをお伝え下さい。治療費は当院から保険会社へ請求できるようになり患者様負担はありません。保険会社と連絡が取れない場合、患者様ご自身でひとまず立て替えていただく必要があります。

弁護士相談

交通事故で治療が長期化した場合や症状が残存した場合は、保険会社と交渉が必要になってきます。一方的に治療が打ち切られたり、交渉が不利にならないように弁護士に相談することをお勧めします。加入している保険に弁護士特約が付いている方は、費用もかかりませんので利用して弁護士に相談することが望ましく、ご希望の方は交通事故を専門としている弁護士をご紹介いたします。

交通事故後の流れ

事故に遭った
警察へ連絡
保険会社へ連絡
まつもと整形外科受診
診察、治療、診断書作成

交通事故後の診療の流れ

1:受診
問診
2:検査
レントゲン、エコー
3:診察
医師の診察、診断書作成
4:治療
理学療法士、作業療法士、マッサージ師による施術
物理療法(温熱療法、電気治療、超音波治療、牽引療法)
5:投薬
湿布、内服薬

労災保険による治療について

まつもと整形外科は労災指定医療機関です。
労災保険は、通勤中を含む仕事中の災害やケガや対して、労災保険法(労働者災害補償保険法)に基づき必要な保険が給付される制度です。(※加害者のいる交通事故の場合は、通勤中や仕事中であっても原則として自賠責保険や任意保険が優先されます。) 労災保険による治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。

労災の申請について

労災の申請は、基本的にはお勤めの会社の労災担当者か社会保険労務士が行います。目撃者がいる場合や事故・災害の日時を明確にできる場合は労災事故として認定されますが、過労死や仕事が原因のストレスによるものなどの因果関係の実証が難しいものは労災と認定されない場合もあります。

労災保険の給付について

治療の際に、必要な書類をお持ちいただければ、窓口での負担はありません。
※必要な書類が準備できるまでは一時的に自費でのお支払いとなり、手続き完了後に全額返金されます。
お問い合わせはお電話にて TEL:0942-27-0755
お気軽にご相談ください

Q&A

交通事故の治療費はどうなりますか?
自賠責保険を利用して、自己負担金無しで治療を受けることができます。受診前に患者様ご自身で保険会社へ「まつもと整形外科」を受診することをお伝え下さい。治療費は当院から保険会社へ請求できるようになり患者様負担はありません。
交通事故で、もし当て逃げやひき逃げなどで相手がわからない場合はどうなりますか?
加害者側の自賠責保険が使用することができません。そのため、政府が救済する保障制度「政府保障事業」が利用できます。また、ご加入されている自動車保険のタイプによっては、ひき逃げについても保障されている可能性もあります。
健康保険でも交通事故治療が受けられますか?
ご加入の健康保険組合に「第三者行為による傷病届」を提出することで、可能です。
どれくらいの期間で治りますか?
患者様の症状や事故の程度により個人差がありますが、3〜6ヶ月が目安となります。骨折がある場合は半年〜1年以上かかることもあります。
どれくらいの頻度で受診すればよいですか?
受傷後はできるだけ早期に受診し、しっかりと通院した方が症状改善につながります。週に3回以上は通院していただき、しっかりと治療して、疼痛を長引かせないことが大切です。
交通事故にあった場合、どこに通院するのがよいのですか?
交通事故にあったら、まずは整形外科へ
どこの診療科へ行けばよいのか、整骨院や接骨院などもあり、悩まれることもあると思います。整形外科では検査を行い、医師の指示のもとに治療方針(投薬、リハビリ)を決定します。さらに、後遺症が残った場合は後遺症診断書を書くことができるのも整形外科の特徴です。
自賠責保険の治療には、治療期間が決まっているんですか?
交通事故の治療には、治療期間が決まっています。症状が安定し、症状が良くも悪くもならない状態になると症状固定として、治療の区切りになります。そこで、保険会社からの治療費支払いは終了します。
当院から一方的に症状固定の時期を決めることはありません。患者様とご相談しながら、患者様が納得されるまで治療できるように、できるだけ支援させていただきます。