リハビリテーション
当院は運動器リハビリテーションに力を入れており、国家資格のある理学療法士・作業療法士が在籍しており、運動器リハビリテーション施設基準Ⅱを取得しております。温熱療法・電気療法・牽引療法・超音波療法など各種治療機器を設備しています。小さなお子様からご高齢の方、スポーツ愛好家まで幅広く対応しており、患者様一人ひとりにあったリハビリテーションを提案していきます。肩こり、膝や腰の痛み、手足のしびれ、関節の痛みや動きの制限、スポーツによる障害や怪我、加齢による筋力低下を対象とし、他の医療機関で手術された術後リハビリテーション、交通事故や労災による怪我に対するリハビリテーションにも対応しております。最適なリハビリテーションを提供し、痛みを緩和させ、患者様が心から笑顔になれるようにリハビリテーションスタッフ一同が全力でサポートします。

当院のリハビリの特徴

・リハビリの専門家である理学療法士(PT)が個別で実施します。
・小さなお子様からご高齢の方、スポーツ愛好家まで幅広く対応しています。
・患者様の話をしっかりと聞き、親身になって丁寧なリハビリを実践していきます。
・一人ひとりにあったオーダーメイドのリハビリを提案します。
・健康で怪我をしない体力作り、痛みの出ない体力作りに取り組んでいきます。
・交通事故・労災の方は後遺症を残さないように、リハビリを行うことをおすすめしています。

こんな方におススメです

□長く痛みが取れない
□首や腰に痛みがある
□肩こりがひどい
□関節(肩、膝、足、股など)の痛みがある
□歩き方や姿勢が悪いと言われる
□スポーツで怪我をした
□手足のシビレがある
□交通事故によるむち打ちがある
□労災で怪我や手術をした

当院で行うリハビリ

運動療法

当院ではリハビリの専門家である理学療法士による1対1での運動器リハビリに力を入れています。
理学療法士が問診や触診で直に患者様の身体の状態を把握します。痛みのある部位だけではなく、全身の筋肉のバランス、関節可動域、関節や靭帯の柔軟性など全身を評価することで、痛みの根本的原因を究明して治療に当たります。直接的に身体に触れて評価やリハビリを行うため、機器のみを使用する物理療法(消炎鎮痛)よりも効果が期待できます。
筋力増強訓練やストレッチで筋肉の緊張をほぐして、疼痛の原因を除去したり、関節可動域訓練を行うことで関節の柔軟性を高めます。疼痛の原因を究明して治療に当たるだけではなく、その後の再発予防や痛みのでない身体作り、怪我をしない身体作りにまで取り組んでいきます。
当院には理学療法士と作業療法士が在籍しており、医師とセラピスト(理学療法士・作業療法士)が協力し、一人ひとりに合わせたオーダーメイドでのリハビリを提案していきます。

物理療法(機器による消炎鎮痛)

物理療法(消炎鎮痛)には温熱療法・電気療法・牽引療法・超音波療法などがあります。血流を改善させたり、筋肉をほぐしたり、炎症を改善させることで効果が期待できます。
運動療法と併用することでさらに効果が高まるため、運動療法の補助として一緒に使用しています。
物理療法(消炎鎮痛)のみでも、連日使用することでより効果が出ることもあり、患者様の希望に沿って、柔軟に対応しています。

リハビリに関する諸注意

・医師の診察のもと、リハビリ処方箋を発行して、リハビリ開始となります。
・リハビリ専門家の理学療法士が1対1で個別に対応します。
・リハビリ実施計画書を月に1回発行します。
・リハビリの所要時間
 1日1単位(20分)を基本とします。病状により1日2単位(40分)行うこともあります。
・リハビリと物理療法を同じ日に一緒に受けることもできます。同じ日に一緒に行った場合は物理療法の請求はありません。
・運動器リハビリテーションの最大日数は、原則150日です。

ロコモティブシンドロームについて

最近、テレビや雑誌で「ロコモ」という言葉を見たり聞いたりすることが多いのではないでしょうか。腰の痛みや膝の痛み、加齢による筋力低下など運動機能の衰えや障害のために移動能力が低下した状態をロコモティブシンドローム(運動器症候群)、略称「ロコモ」といいます。進行すると立つ・歩くといった日常動作が困難となり、その結果として要介護の状態になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。ただ寿命を延ばすのではなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかが大切になってきます。健康寿命は「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。健康寿命を延ばすためにもロコモの予防・早期発見・早期治療が重要になってきます。心配な方や気になる方はお気軽にご相談下さい。

ロコモのチェックポイント

以下の7つの項目で、1つでも当てはまればロコモティブシンドロームの可能性があります。

□家の中で、つまづいたり滑ったりする
□片脚立ちで靴下がはけない
□階段を上がるのに手すりが必要である
□2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
□15分くらい続けて歩けない
□家のやや重い仕事が困難である。(掃除機の使用、布団の上げ下ろし)
□横断歩道を青信号で渡りきれない

予防と治療

予防のための自主トレーニングも考案されていますが、関節や筋肉に過度の負担がかかると症状が悪化することもあります。当院では「ロコモ」と思われる方には診察と検査でその原因を特定し、理学療法士による評価を行い患者様一人ひとりに合ったオーダーメイドのリハビリを提供していきます。リハビリを通して、要介護の状態や寝たきりを予防するためのサポートを行っていきます。