地域の皆様が安心して通院できるように、
「笑顔で挨拶」「優しいお声かけ」「おもてなしの心」を職員全員が大切にしています。
肩こり、膝や腰の痛み、スポーツ中の怪我、交通事故での怪我など様々な症状で病院を受診されると思います。学校の体育や部活で怪我をしたり、痛みがでると休んだほうがいいのか、試合に出られるのか不安になると思います。ご高齢の方は膝や腰の痛みに悩まれていると思います。受付スタッフは笑顔で温かく迎え入れ、看護スタッフは優しいお声かけと親切な説明、リハビリスタッフは親身になった丁寧なリハビリ、医師は患者様の立場に立ったわかりやすい説明を心がけて、納得いただける治療方針を提案いたします。元気に、痛みのない生活を送れるようにサポートすることが私達の最大の使命だと思っております。体のメンテナンスも重要になってくるため、リハビリテーションを通して健康で怪我をしない体力作りを実践していきます。超高齢化社会を迎える中、ただ単に寿命を延ばすのではなく、いかに元気で健康的に過ごせるかが重要となってきます。地域で健康教室を開催して、「生活習慣病」や「骨粗しょう症」、「ロコモティブシンドローム」の理解を深めて、予防医療の普及にも力を入れていれていきます。