循環器内科

循環器内科とは

循環器内科とは、高血圧・狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈・心臓弁膜症などの心臓の病気や全身の血管の病気を専門にする診療科です。
脳梗塞の原因となる頸動脈狭窄症や下肢の血管が詰まる閉塞性動脈硬化症など、動脈の血流が悪くなったり、動脈の血管が詰まったりする原因は動脈硬化にあります。その動脈硬化のリスクとなる生活習慣病(高血圧・高コレステロール血症・脂質異常症・高尿酸血症)をしっかり管理していくことが、循環器内科の重要な役割となります。
特に高血圧はサイレントキラーと呼ばれるように、自覚症状がないため、現在日本に4000万人以上と推定される高血圧患者のうち、実際に治療を受けているのは2割の800万人程度と言われています。放置しておくと、動脈硬化が進行して脳卒中(脳出血、脳梗塞)や心筋梗塞を引き起こします。無症状だからと放置せず、一度専門医の受診をおすすめします。

このような症状の時はご相談ください

  • ・血圧が高い
  • ・胸痛がある
  • ・労作時に息切れする、胸が苦しくなる
  • ・動悸がする
  • ・脈が乱れる
  • ・足がむくむ
  • ・息苦しい
  • ・心電図や胸部X線検査で異常を指摘された
  • ・いびきがすごい

高血圧

血圧は測る場所や状況によってかわりますが、慢性的に血圧が高くなる状態を高血圧とよびます。
高血圧では殆どの場合、症状がありません。しかし、治療せずに放っておくと、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、大動脈瘤破裂・解離がおきたり、心臓に負担がかかり、心不全がおきたりします。また、徐々に腎機能が悪化し、透析に至ることもあります。特に脂質異常症や糖尿病をお持ちの方では高血圧による合併症が早く進むことがあります。
高血圧と診断されるのは、収縮期血圧、拡張期血圧の両方またはどちらかが140/90(家庭血圧で135/85)以上の場合ですが、2019年に高血圧の診断基準が改定され、正常値の基準、治療目標が厳しくなりました。
これは、血圧の治療目標として140/90未満を目指すより、130/80未満を目指したほうが心筋梗塞や脳卒中のリスクが低くなる、という結果がでたからです。
<血圧の分類>
血圧の分類
もちろん患者さんの状態によって血圧目標は変わることがありますが、基本的には成人(高齢者も含めて)では130/80未満が目標です。高血圧による合併症をひきおこさないためにも、血圧が高めの方は日頃より塩分や体重コントロールに気をつけていただき、それでも目標値を上回るようであれば、医療機関の受診をおすすめします。